> 端午の節句ではいつから飾るの?今更聞けない飾りのあれこれを紹介 - 最新トレンドニュース速報

端午の節句ではいつから飾るの?今更聞けない飾りのあれこれを紹介

年間行事

スポンサードリンク
 




 

端午の節句は男の子の成長を祝いこれからの無病息災をお願いする昔からある日本の伝統行事です。

大切なお子様のためにも五月人形や兜飾り・鎧飾り・こいのぼりなどキレイにかっこよく飾って家族そろってお祝いしてあげたいですよね。

実家の両親が人形や飾りやこいのぼりをお祝いで贈ってくれるとしても実際のところいつからいつまで飾っておけばいいかわからなくないですか?

旦那に聞いても子供のときに親が準備してくれることなので覚えてないといわれませんか?

今回は端午の節句でお祝いのための人形や飾りをいつからいつまで飾るのかなど飾りについてのあれこれを調べましたのでご紹介します。

そもそも飾りは誰が買うの?両親の意見が合わないから困ってるという方はこちらに情報をまとめていますので是非ご確認ください。
端午の節句で兜飾りは誰が買うの?決まりには意外なウソがあった?

記事中

スポンサードリンク




端午の節句で飾りやこいのぼりはいつからいつまで飾るの?

さて端午の節句で飾りやこいのぼりを飾る時期についてですが、いつからいつまで飾るのがいいのでしょうか?

こちらについては正確な日付に決まりはありませんでした。

住まわれている地域やご家族の習慣・しきたりといったことで多少の違いはあると思いますが一般的には一か月前くらい前の4月上旬から中旬にかけての大安の日に飾り始めるようです。5月に入ってから飾るのは縁起が良くないといわれている地域もあるようですので注意したほうがよさそうです。

飾り終わりの時期についても特に決まりはなく、ひな人形のようなずっと飾り続けていることで何か不都合が起きるような言い伝えなどはありませんでした。

端午の節句が終わったら時間があるときに片づけるといいでしょう。

ただ季節のお祝い事なので季節が変わる前に片づけるといいようです。

また、6月に近づくにつれて湿気が多くなってくると人形やこいのぼりにダメージを与えてしまうので5月の天気がいい日に片づけるといいと思います。

年齢的なことでは端午の節句のお祝いを始めるのは0歳の時から初節句をお祝いするそうです。しかし、生まれた日によってはお母さんが産後すぐであったりお宮参りが終わってなかったりなど、赤ちゃんも首が座ってないと危なかったりするので、そういった場合は翌年を初節句にしても問題ないそうです。

実家の祖父母がお祝いしたい気持ちもあるとは思いますが、子供が健康に育つための行事でもあるので、絶対に無理はしないほうがいいです。

小さい赤ちゃんは抵抗力も弱く、一度に大勢の普段会わない人が集まるとストレスにもなりかねません。

年齢的な終わりの時期についても決まりはないですが、子供に対してのお祝いの行事なので成人するまでお祝いしてもいいようです。調べてみると小学校を卒業する12歳までの家族が多かったです。

おそらく中学生になると子供も忙しくなるので親族みんなで集まるようなイベントがしにくくなっていくのだと思います。ほかにも昔の人の成人は今よりもかなり早かったり、結婚も15歳くらいでしていて「子供」と「大人」の考え方が今とかなり違っていることもあると思います。

五月人形やこいのぼりなどの飾りはじめ

⇒4月上旬から中旬の大安の日(5月に入っては遅すぎ)

五月人形やこいのぼりなどの飾りおさめ

⇒端午の節句が終わってから時間のあるとき(遅くても縁起の悪い言い伝えは特にない)季節が変わるまえの晴れた日がおすすめ

端午の節句をお祝いする年齢⇒0歳から12歳までに家族が多い

0歳の赤ちゃんをお祝いするかは状況次第で問題ない

五月人形を片づける方法

飾りは飾っていたときには見た目のかっこいいし気持ちもたかぶっていていいと思いますが、片づけになると大変だと思います。しかし、せっかく高価な人形ですし、お子様の無病息災を願うための守り神さまでもあるのできちんと心を込めて片づけたいものですね。

五月人形を収納するときの注意点をお伝えします。

収納するのは湿気の少ない晴れた日に行うようにしましょう。

指紋や皮脂がつくのもよくないので薄手のゴム手袋や軍手を使って五月人形に直接触れることがないようにしたいですね。

  • ほこりを取り除く
  • ポリ袋で虫を寄せ付けない
  • 防虫剤の使用は控える
  • 風通しがよく湿気が少ない場所に保管する

 

①ほこりの取り除く

ほこりを取り除くときには先の柔らかい刷毛やハタキを使いましょう。

傷がつかないように気を付けながら、メッキ部分に皮脂や汚れが残らないようにしましょう。

 

②ポリ袋で虫から守る

五月人形をよごれや破損、特に虫から守るために柔らかい布などを使って全体を包み込みます。その状態のままポリ袋にいれ虫から守ります。

適当な大きさの箱に入れて収納します。このときに型崩れを起こさないように隙間をエアキャップや新聞紙をいれます。むりやり詰め込むと逆に型崩れの原因になりますので注意してください。

 

③防虫剤の使用は控える

五月人形には防虫剤は入れないで下さい。

防虫剤を入れることで金具のメッキにダメージを与えることになります。

最近の五月人形にはもともと防腐剤が使用されているためそのままで問題ありません。どうしても気になる場合は販売店に確認してみましょう。

 

④風通しがよく湿気が少ない場所に保管する

直射日光は絶対に避け、湿気の比較的少ない押し入れの上段や天袋などの高い場所に保存して下さい。箱の接地面にすのこ板を挟むと湿気がこもりにくくなるのでおすすめです。100均にあるもので十分です。

さいごに

今回は五月人形やこいのぼりなどの飾りを飾る期間や年齢的なことを調査してお伝えしてきました。

飾る期間については4月上旬から中旬あたりの大安の日がいいようです。

片づけるのは端午の節句が終わってから5月の間の晴れた日がおすすめです。

片づける時には五月人形にダメージを与えないように細心の注意を払いながらお子様の守り神様に感謝して行いましょう。

何よりもお子様が健康に育ったことをお祝いし、これからも無病息災で育つことを祈願することが大切です。

五月人形やこいのぼりなどの飾りは誰が買うの?両親の意見が合わないから困ってるという方はこちらに情報をまとめていますので是非ご確認ください。
端午の節句で兜飾りは誰が買うの?決まりには意外なウソがあった?

今回の調査は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました