> トイレにいけない状況になるときの事前準備&対策 - 最新トレンドニュース速報

トイレにいけない状況になるときの事前準備&対策

スポンサードリンク
 




 

トイレに行きたくてもいけないという状況になることありますよね。

渋滞や災害時のように人目につかない時には簡易トイレが使えるからいいけど、会議やライブ会場の中など人がいる場所で使うわけにもいきません。

生理現象であるのでガマンするのにも限界があります。

トイレに行きたくなる状況ならないように事前に準備をして危険回避していきましょう。

今回はトイレに行きたくなることをなるべく防ぐための事前準備についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




トイレに行きたくなるのをなるべく遅くする方法

①カラダを冷やさない

 カラダが冷えを感じると膀胱の筋肉が縮みトイレに行きたいと脳が勘違いをして尿意を感じるようになります。また、腎臓の働きが活性化してより多くの尿を作ってしまいます。なるべくカラダを冷やさないように上着を一枚多く着たり、なまもの・生野菜・冷たい飲み物は控えるようにしましょう。

②水分補給に注意!

 温かい飲み物を飲んだとしてもカフェインがたくさん入っている飲み物には注意です。カフェインには利尿作用があります。カフェインがたくさん入っているコーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶などは控えるようにしましょう。常温のお水や麦茶などがおすすめです。

③自分のトイレを我慢できる限界を知っておく

普段の生活の中で尿意を感じてからどのくらいガマンできるのかを知っておくことも重要です。自分の限界を知ること気持ちに余裕ができてきます。大事な場面で「トイレに行ってきます」と言わなくてもいいように、自分はまだ大丈夫なラインを確認しておきましょう

④トイレは行けるときに行く

何よりもトイレに行けるときに行っておくことが一番大事です。

さっき言ったから大丈夫などとは思わずに多少無理してでも行っておくことをお勧めします。大丈夫かな??と心配になることで変に意識してしまってよけいにトイレに行きたくなってしまうことがないようにしたいですね。

さいごに

今回はトイレに行きたくなるのをなるべく防ぐ方法をお伝えしてきました。トイレに行きたくてもいけない状況になってしまうことはあります。

大事な会議の途中やプレゼン中、来客中やライブ中などあります。

我慢し続けることは体にとって良くないことですが、いざ尿意に襲われてしまうと意識がそっちにむかってしまい本来のことに集中できなくなってしまいます。

そうなるまえに事前準備をしっかりしていきたいですね。

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました