> バレンタインデーのお返しはいつまでにするもの?おすすめも紹介します - 最新トレンドニュース速報

バレンタインデーのお返しはいつまでにするもの?おすすめも紹介します

スポンサードリンク
 




 

バレンタインデーのお返しはいつなのでしょうか?
ホワイトデー当日に渡せないときや、渡す時間帯はどのタイミングがいいか気になりますよね。
今回の記事ではバレンタインデーのお返しはいつなのか、
おすすめの渡すタイミングをお伝えしてます。

記事中

スポンサードリンク




バレンタインデーのお返しはいつなの?

バレンタインデーのお返しは、ちょうど1ヶ月後の3月14日と決まっています。
日にちがしっかり決まっている分わかりやすいですね。
渡す日が休日であったりしてその日に渡す事が難しい場合は、
前後一日から二日ぐらいであれば許容範囲です。
だから渡し忘れたと後悔することもありません。
サプライズ的なものを望むのであれば、
わざとずらして渡すというのもありかもしれません。

では何時ごろ渡せばいいのかという事ですが、
付き合っている女性なら何時でも気を使わなくてもいいかもしれませんが、
義理チョコの場合はタイミングが重要です。

クッキーなどのようにおやつの時間に食べる事ができる物なら
それより前に渡す事がエチケットです。
「渡すタイミングを探していたら遅くなってしまった」
なんて事がないように、朝のうちに渡してしまうのがベストです。
朝ならまだ仕事や学校も始まっていませんから、
世間話でもしながら気軽に渡せます。

後は相手が一人になったタイミングに素早く渡すのも、
恥ずかしがり屋の人にはいい方法です。

バレンタインデーのお返しはいつまでにするもの?

チョコレートをバレンタインデーにもらった経験が
ある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時に悩むのがバレンタインデーのお返しです。

キャンディやスイーツなどをプレゼントするのですが、
一体いつ頃までにお返しすればいいのかをご紹介します。
日本の習慣で贈り物をもらったらお返しをするという流れが定番になっています。
バレンタインデーに対してホワイトデーという日があるので
当日かその週の内にお返しをすると意図が相手に伝わりやすいです。

お返しの品は、
キャンディやスイーツにこだわらなくても雑貨やお花などの
相手の好みや気持ちに合わせてプレゼントすると喜ばれます。

恋人なら趣味嗜好が分かりやすいですが、
会社の同僚や知人の場合には何をプレゼントすればいいのか分かりにくいですので
消費できる物で食べたり使ったりできる方が良いです。
あまり堅苦しく考える事なく
バレンタインデーとホワイトデーをお互いに楽しめるといいですね。

バレンタインデーのお返し何がいい?手作りもあり??

バレンタインデーのチョコをもらえるのは嬉しいけれど、
お返しは何がいいか、毎回迷ってしまう男性は多いのではないでしょうか。
最近ではいわゆる「本命」でなくても気軽にチョコを渡すことが増えましたから、
お返しに悩む男性も増えたと思います。

我が家の中学生の息子も、クラスの女子生徒からチョコをもらい、
お返しをどうしようかと私に相談してきました。

しかも、もらったチョコは手作り。
義理チョコとはいえ、お返しに近所のお店で買ったお菓子を渡すのも申し訳ない…
悩みに悩み、なんと息子は、手作りのクッキーを焼くことにしました。
今までお菓子を作る機会なんてありませんでしたから、
当然苦戦しましたが、なんとか形になりました。

そして3月14日のホワイトデーの日、手作りクッキーを渡すと、
相手の女の子は歓声を上げて感動していたそうです。

実は私自身も学生時代に、
バレンタインデーのお返しに手作りのお菓子をもらったことがあります。
その相手は当時は珍しい金髪で、ちょっと不良っぽい男の子でした。
見た目と手作りお菓子とのギャップにびっくりしましたが、
涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。

バレンタインデーのお返しに悩む男性は、
一度手作りに挑戦してみるといいかもしれません。
たとえ上手にできなくても、女性はきっと喜んでくれますよ。

まとめ

今回の記事ではバレンタインデーのお返しについてお伝えしてきました。
一昔前は本命か義理チョコしかなかったですが、
最近では友チョコやら色んな呼び名で気軽にチョコを渡す習慣ができています。
そうなるとお返しに悩んでしまうこともありますよね。
この記事が少しでも参考になってくれるとうれしいです。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました