> バレンタインデーにあげる物の意味一覧 プレゼントごとの意味を解説 - 最新トレンドニュース速報

バレンタインデーにあげる物の意味一覧 プレゼントごとの意味を解説

スポンサードリンク
 




 

バレンタインデーにあげるプレゼントによっては意味を持つものがあります。
相手に気持ちをきとんと分かってもらうためにも、あげるものの意味をしっておくことは重要です。
今回の記事ではバレンタインデーにあげるプレゼントが持つ意味をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




バレンタインデーにあげる物の意味は?

バレンタインにあげる物には意味があると知っていましたか?

例えばクッキーですが、軽い食感から軽い関係でいようと思いから
友達でいようと意味が込められています。
友チョコや義理チョコに渡すのにピッタリです。

またキャンディーには固くて口の中で長く残ることから長い間続く、
あなたが好きですとなるので本命の方へのプレゼントにむいています

マカロンやカップケーキには高級感があり、
日常感がない事なら特別感がありあなたは特別な人と言う意味になります。

キャラメルは小さい子から食べる機会が多く
オーソドックスでどこか懐かしい気持ちにと言うことから
「一緒にいて安心できる」「ずっと仲良くしたい」と言う意味になります。

マドレーヌは二枚貝のようにピッタリと合うことから
もっとこれから親密な関係になりたいと言う意味に繋がります。

渡す物によって意味が違うので
次回バレンタインから意味を調べてみて渡してみるのもよし!
まだまだ意味のあるお菓子があるので調べてみるだけでも楽しいですよ!!

またチョコやケーキ、和菓子。
特にチョコには意味を持たないので
渡す時本命なのか義理なのかは雰囲気などで判断する事になります。
本命のときにはメッセージを添えるなど
少し工夫して渡すといいかもしれませんね。

バレンタインデーにあげるプレゼントにはきちんとした意味がある!

2月14日のバレンタインデーは、
女性が男性にチョコレートを渡す一大イベントが行われる日ですね!!

しかしチョコレートのほかにもクッキーやキャラメル、
並びにキャラメルなどもデパ地下やスーパーに
バレンタイン用として販売していたり、
実際に手作りしてお渡ししている女性もいます。
お渡しするものによってそれぞれ意味付けされているのはご存知でしょうか。

まず、王道のチョコレート。
チョコレートには「あなたと同じ」といった意味がこめられています。
これはお返しの時に、義理チョコをいただいた時はチョコで返すと友達でいよう、
本命のチョコをいただいたときは恋が実るかもしれませんね。

続いて、クッキー。
クッキーは乾燥してサクサクしていることから
「友達でいよう」といった意味があります。
これは友達関係でありたい職場の上司や同期、学校の友達などに
お渡しするのにぴったりかもしれません。

3番目にキャラメル。
キャラメルは口の中に温かみのある味が長い間残り、
安心することから「一緒にいると安心する」といった意味があります。
家族や親友、長期間付き合っている彼氏などにプレゼントするのがおすすめです。

最後にマカロンについて。
マカロンは高級であり、
自分で手作りするにも時間がかかるため
なかなか食べる機会がありませんよね。
そういった理由から
「あなたは特別な存在」といった意味が込められています。
また、カップケーキもそういった意味があります。
本命の男性や旦那様にプレゼントするといいかもしれません。

2月にはいると町が一斉にバレンタイン一色になって、
何を渡そうかわくわくしますね。
今年は意味も考慮にいれてお渡しするものを選んでみてはいかがでしょうか。

バレンタインデーにクッキーをプレゼントする意味

バレンタインに渡すお菓子には意味合いが含まれているものがあります。
そのため、何も考えずに選んでしまうと相手に誤解されてしまうかもしれません。

チョコレート以外のお菓子となると
すぐに思いつくのはクッキーではないでしょうか?
バレンタインデーにあげるクッキーをプレゼントする意味は、
「友達でいましょう」となります。

サクサクの食感が「ライト=軽い」友人関係をイメージしています。
また、どこでも買える手軽なお菓子だということから、
時間をかけて選んだわけではない贈り物と解釈し、
友達に渡すお菓子として認識されているともいわれます。

特別な関係としてではなく、
「仲の良い友達としてこれからも付き合っていきたい」と思う相手に対し、
ちょうどよいお菓子といえるでしょう。

バレンタインデーの贈り物として
クッキーの由来を知っている人は少ないかもしれませんが、
ジンクス的な意味合いを考えると
意中の相手にはクッキー以外のものをプレゼントしたほうがいいかもしれません。

バレンタインデーにマカロンをプレゼントする意味

バレンタインデーに贈るお菓子といえばチョコレートを思い浮かべますよね。
私もバレンタインデーにはチョコレートを贈ることが多かったのですが、
チョコレートが苦手という方も中にはいます。

そういった場合には、マカロンやクッキーなどをあげたりすることはよくあります。
そこでバレンタインデーに贈るお菓子には、
花言葉などと同じように意味があるのかと調べたところ
意味があることが分かりました。

今回は「マカロン」をプレゼントする意味についてご紹介していきます。
マカロンを贈る意味は「あなたは特別な存在」です。
日本でも珍しくなくなったマカロンですが、
高級感のあるお菓子であることは変わりません。

フランスのイメージがありますが、イタリア発祥のお菓子です。
もとの名は生地を意味する言葉が語源のマカロニでした。
マカロンは普通のお菓子と比べて高級感があり、
見た目も華やかなことから、特別な人への贈るお菓子
という意味が込められるようになりました。

こういった意味があることが分かれば、
本気で大好きな人に気持ちを伝えたい人がいる方には
おすすめのお菓子であることが分かります。

定番のチョコレートではなく、見た目もおしゃれで、
お菓子と共に込められた気持ちも贈ることができる
マカロンはバレンタインデーの贈り物におすすめです。
また本気で想いを伝えたい場合は、
贈る相手が贈られたお菓子の意味を知っているとは限らないので、
渡す際には言葉を添えるか手紙を一緒に渡すことをおすすめします。

バレンタインデーに贈るお菓子について悩まれている方に参考になると嬉しいです。
良い日になるように祈っています。

バレンタインデーにマシュマロをプレゼントする意味

バレンタインにプレゼントするときに気を付けたいお菓子が、
白くてフワフワの「マシュマロ」
元々はホワイトデーの贈り物として、
「純白な気持ち(マシュマロ)を愛(チョコ)に包んでお返しします」という意味でした。

それが、現在では、口に入れるとすぐになくなってしまうことから
「早く忘れたい」という意味や、
やわらかく包まれていることから「やわらかくお断りしたい」
という解釈に変わってきているようです。

マシュマロをチョコで包むだけで、
手作りするのも簡単ですが、誤解を避けるためには、
マシュマロをプレゼントにしようとするときは本当に大丈夫か考えたほうがいいです。

時代が変わっていくと、
贈り物の意味合いも変わっていくなんて、
知らないと相手に寂しい思いをさせてしまうんですね。

特にバレンタインは、相手の気持ちに敏感になってしまう贈り物です。
マシュマロに、実は「嫌い」のメッセージが込められていたら、

知らずにプレゼントしてしまったらも悲しいです。
そうならない為にも、贈り物をするときは、
その物にどんな意味が込められているのか、
相手との関係についても少し考えてみることをおすすめします。

バレンタインデーに男性からのプレゼント??

年越し後すぐにやってくるのが、2月のバレンタインデー!!
毎年2月14日は、女性から男性へチョコレートを渡す日とされています。
この日には、少なからずチョコレートを期待しながら過ごしていませんか?

最近ではチョコレートに限らず、洋服などのプレゼントを渡す人も増えてきました。
プレゼントの中には想いを込めた手紙が入っているなんてことも!

しかし最近、男性から女性へチョコレートを渡す「逆バレンタイン」が流行っています。
そんな私もバレンタインデー当日に、
付き合っている彼女へプレゼントを“先に”渡したことがあります。
私は「先に女性がチョコレートを渡す習慣」を無視しました。
そして彼女の驚いて喜んでくれる顔を見たくて、「花」をプレゼントしました。

昔から日本男児は想いを「言葉」で伝えるよりも、「行動」で示していました。
アメリカのバレンタインデーは、お互いにプレゼントを交換する習慣があるようです。
つまり逆バレンタインが流行しているということは、
日本でも「言葉で伝えることができる男性」が増えてきているのではないでしょうか。

「逆バレンタインデー」はアツいカップルはもちろん、
マンネリ化した関係を彩ることができるイベントになるはずです!

男性の皆さん!
次のバレンタインデーは、
チョコレートなど「言葉」とともに“先に”渡してみてはいかがでしょうか。

バレンタインデーにおしゃれな手作りプレゼントで喜んでもらおう!!

毎年バレンタインが近づくと何を贈ろう、何が喜ぶかなと相手の顔を思い浮かべます。

わたしは彼と同棲しており、
金銭的には余裕はないので毎年手作りのデザートを贈っています。
お金をかけないからといっても、やっぱりプレゼントなので喜んで欲しいです。
だからデザートの内容も、チョコレート風味のものばかりでなく、
飽きずに楽しめるようにと考えます。

中でも、好評だったのは定番のガトーショコラ、
レモンピュールのブラウニーの組み合わせ。
甘すぎないので、大人な彼も最後までペロリでした。

一つ一つ丁寧に個包装するのもポイントです。
食べやすく、手も汚れない。
次の日に取っておくこともできる。
そして、お手紙も添えます。
日頃も気持ちや感謝は伝えてますが「文字として残るのも良い」と喜ばれます。

高級なプレゼントや外食、デートにすることも良いですが、
贅沢をしなくても甘々なバレンタインにすることは工夫次第で可能です。
まずは彼の喜ぶポイントを知り、抑えること。

追記ですが、喜ばれたデザートで意外だったのはバケツプリンでした笑

バレンタインデーにおすすめご飯のレシピ

バレンタインデーの季節になりましたが、
どんなご飯を作るか悩むことががあると思います。
そんな方にオススメの料理を3つご紹介します。

(1)ハート型のハンバーグ
個人的に定番料理かつ、嫌いな人はほぼいないと思います。
ハート型にすることで家族や彼氏への日頃からの愛情を形で表現でき、
心も体も暖まると思うのでかなり勧めたい一品です。
ソースはやはりデミグラスがいいと思いますが、
チーズインにしても濃厚で美味しそうです。

(2)クリームシチューのオムライス
ほっこりしつつ満足な一品。それに栄養もたくさん取れます。
忙しい人にとってもあまり難しくないのでおすすめですよ。

(3)トマトチーズパスタ
こちらもフライパンひとつで出来るので簡単なかつとても彩の良いレシピです。
コスパを重視でするのであれば、
さけるチーズやピザ用チーズを使用しても良いと思いますし、
奮発するのであればモッツァレラチーズを使用すると簡単に濃厚なパスタができます。

以上、3つご紹介しましたが、洋風がとくに好きな方にはとても良いレシピかと思います。
オーソドックスなメニューですが、
この日は日本の文化からかけ離れてみても良いように思いました。
色んな形で家族や彼氏に愛を届けられると良いと思います。
ぜひ、作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事ではバレンタインデーにあげるプレゼントの意味についてお伝えしてきました。
相手が好きなものをプレゼントするのもいいですが、
あなたの気持ちにあったプレゼントを贈って、
気持ちを伝えるきっかけになってもらえればうれしいです。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました