> ダブル ワークで確定申告に必要な書類 会社にバレずに副業する方法をご紹介 - 最新トレンドニュース速報

ダブル ワークで確定申告に必要な書類 会社にバレずに副業する方法をご紹介

スポンサードリンク
 




 

大企業でも副業が許されるようになってから、副業をする方がかなり多くなりました。

会社勤めの方には馴染みのない確定申告。
初めてのことでわからない方も多いと思います。
今回の記事ではダブルワークをしている方の確定申告に必要な書類についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




ダブル ワークで確定申告に必要な書類をご紹介

今や副業・兼業などダブルワークをする人がとても増えてきました。
ダブルワークを許可している企業も増えており、
求人情報でも「ダブルワーク可」の文言をよく見かけるようになっています。
本業がある方がダブルワークでの収入を得た場合は確定申告が必要になります。

まずは「確定申告書」を入手する必要があります。

これは税務署でもらうこともできますが
インターネットでダウンロードすることもできます。

確定申告書には「A」と「B」の2種類があります。
ダブルワークが給与所得や雑所得の場合はAを、
事業所得や不動産所得の場合はBを使います。

ダブルワークはアルバイトなど給与所得の場合が多いですが、
その場合は「本業の収入+副業の収入」の合算の金額を書く必要があり、
本業の源泉徴収票が必要になります。

また、本業・ダブルワークともに給与明細は残しておく方がいいでしょう。
なお、確定申告が必要になるのは、
給与所得や雑所得の場合は年間20万円以上となっています。

申告漏れがあると延滞税や加算税などペナルティもありますので、
微妙な場合やわからない場合は税務署でたずねると教えてもらうことができます。
確定申告のやり方がどうしてもわからない場合も、
税務署で教えてもらいながら申告書を書くこともできますので、
申告漏れがないように気をつけましょう。

ダブルワークが会社にバレないためにはどうすればいいの?

最近は本業とは別に
ダブルワークをすることによって副収入を得ている人が増えてきていますね。

そこでよくある話として
「ダブルワークをしていることが会社にバレたくない」というものがあります。

まずもって、就業規則などでダブルワークを禁止されている場合は
ダブルワークをすること自体をおすすめしません。

就業規則に違反すると解雇をはじめ懲戒の対象になる可能性が高くリスキーです。

とはいえ、ダブルワークを禁止されていなくても、
気持ちとしてバレたくないと思うこともあるでしょう。

その場合はどうすればいいのでしょうか?

ダブルワークで得た所得にも税金がかかるので確定申告が必要になります。
その際に、特に住民税の金額によって会社にバレてしまうことがあります。

それを回避するためには、
確定申告の際に住民税の徴収は
「普通徴収」を選ぶようにします。

そうすることで本業からの給料にかかる住民税は勤務先に、
ダブルワークで得た所得にかかる住民税は自宅に納付書が届くので
納付書から会社にバレることは避けられます。

しかし住民税だけでなく、
バレる理由として「ダブルワークの話題を大っぴらに話してしまった」とか
「ダブルワークをしているところを会社の人に見られた」
「SNSにダブルワークのことを投稿した」
などといったものもありますので、
バレたくない場合は慎重に過ごしていきましょう。

まとめ

今回の記事ではダブルワークでの確定申告の必要書類についてお伝えしてきました。
最近では確定申告に関することはインターネットで完結できるのでとても便利になりましたね。
きちんと確定申告して正しく納税していきましょう!!

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました