> ダブルワークでは確定申告が必須?年収20万以下では必要ないの?? - 最新トレンドニュース速報

ダブルワークでは確定申告が必須?年収20万以下では必要ないの??

スポンサードリンク
 




 

最近では正社員で働く方でも副業を認める会社が増えたり、
バイトを掛け持ちしていたりなどしていることで個人で確定申告をする機会が増えています。
しかし、年に一回しかないかったり、
会社員で働いていてやったことなかったりで
ルールについてはあまり詳しくない方が多いのではないでしょうか??
今回の記事では確定申告の20万円以下のルールについてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




ダブルワーク 年収20万以下では確定申告は必要なの?? 

コロナ禍において巣ごもり需要が増える一方で、
将来の不安からダブルワークをされている人も多いのではないでしょうか?

そこで心配になるのは会社勤めの方の確定申告について。
確定申告と聞けば自営業のものという認識もあり、
一般的な会社員の給与所得者にとって縁遠いイメージかもしれませんね。

そもそも論ですが、
本来は1月1日から12月31日までの期間において所得のあった人は、
その全員が確定申告をするというのが大原則です。

しかしながら、事務手続きの面からも膨大な数になるので、
予め納税金額の見立てを立て
毎月納税をしましょうという仕組みが源泉徴収というもの。
それを年末に調整する事を年末調整となります。

源泉徴収や年末調整というのは耳馴染みのある言葉かもしれませんね。
実はそういう流れになっており、
大部分の給与所得者はこの仕組みにおいて納税済となっています。

それらを前提にダブルワークの確定申告20万円以下についてですが、
給与所得者で確定申告が必要な人については次のように定められています。

「2ケ所以上から給与の支払を受けている人のうち、
給与全部が源泉徴収の対象となる場合において、
年末調整されなかった給与の収入金額と給与所得及び
退職所得以外の所得金額との合計額が20万円を超える人」
が対象となります。

結果的に20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

副業による所得が20万以下でも確定申告をした方が良い場合

通常は副業収入20万円以下であれば確定申告は不要です。
そういった認識で、
ステイホームの最中に先行きの見えない経済状況への対応として、
副業を始めたサラリーマンも多く存在しているのではないかと思います。

しかしながら、そういった場合に注意しなければならないケースもあり得るのです。
副業収入は、すでに支払元が源泉徴収をしている場合は、
その金額が20万円以下なら確定申告が不要である、という定めがあります。

ですが、その収入が原稿料などである場合、
原稿そのもので得た収入に所得税が課されると、
その収入を得るためにかかった必要経費の額が分からず
控除されていないケースがあるためです。

さらに注意すべき点がありますが、
ここまでお話ししたのは所得税の話ですので、
副業収入については、住民税は別途、

住んでいる市区町村に申告が必要になるのです。
ただし、確定申告した場合には確定申告の事実が各自治体に通達されるため、
確定申告した場合は不要です。

所得20万円以下についての注意点

近頃はダブルワークをしたり、別の収入源を持つ人が増えてきていますね。
本業とは別にダブルワークで得た「所得」が
20万円を超えた際には確定申告が必要になります。

この「所得」というのは簡単にいえば
「収入から経費を引いた純利益」ということになります。

例えば講演を何回か行って24万円の収入があったとしても、
資料代や交通費などで8万円かかっていたら、
「24万円-8万円=所得は16万円」ということになります。

ダブルワークの確定申告について調べると、
「副業による所得が20万円以下であれば確定申告が不要」と
書かれていることが多いです。
しかし注意点があります。

所得が20万円以下で確定申告が不要というのは、
「所得税」に限定された話になります。
20万円以下であっても住民税がかかります。

住民税を払い忘れてしまうと延滞金という形で
ペナルティが発生してしまうこともあるので注意が必要です。

所得が20万円以下であっても、
税務署で確定申告をしておいたり、
あるいは相談するなどして住民税の申告についてたずねておく方がいいでしょう。

まとめ

今回の記事では確定申告の20万円以下のルールについてお伝えしていきます。
一般的に20万円以下の場合には確定申告は不要と言われていますが、
例外もあるので注意が必要です。
やっぱり人それぞれで状況が違いますので、
ご自身に適した確定申告の方法を調べてみてください。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました