> 七福神って何の神様?正しく知ってご利益にあずかろう!! - 最新トレンドニュース速報

七福神って何の神様?正しく知ってご利益にあずかろう!!

スポンサードリンク
 




 

よくお正月や縁起物に登場する七福神ですが、

彼らが一体何の神様なのかしっかりと答えれる人って若い人であればあるほど少ないのではないでしょうか。

正直なところ、私も何人かは有名な神様がいるのを知っているくらいで、

七福神の全ての神様を自信持って答えられるわけではありません。

そこで今回の記事では私の勉強も兼ねて七福神について詳細をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




七福神って何の神様なの??七福神を紹介します

まず最初に七福神についてご紹介します。

七福神とは、人々の生活や幸せに関係した七つの要素を司る七人の神様から結成されています。

それぞれの神様は出身も時代も違い、長い時間を経て人々から伝承され、

色んな宗教や説話から寄せ集められた言わば神様のドリームチームです。

お正月などでも年賀状の絵柄として好まれる七福神ですが、

7つの災厄を取り除き、7つの幸福をもたらすとされているため古くから大切な人に七福神をあしらったものなどが贈られてきました。

七福神のメンバーを紹介していきます。
弁財天…紅一点の神様で出身はインド。商売繁盛や弁才、音楽や芸能なども司っている。
大黒天…見た目は恵比寿天に似ており、小槌を持っているのが大黒天。出身はインド。農業・豊作の神様。
毘沙門天…髭をたくわえた大男。出身はインド。見た目通り戦の神様。
福禄寿…長い頭と髭をもった老人。出身は中国。その名の通り長寿の神様。
寿老人…帽子をかぶった老人。出身は中国。福禄寿とセットで考えられることが多い。
布袋孫…いつも笑顔の小太りの神様。出身は中国。笑いや子宝などの神様。
恵比寿天…見た目は大黒天に似ており、釣竿を持っているのが恵比寿天。出身は日本。商売繁盛の神様。

こうして並べてみると、見た目や司っているものが被っていて本当に七人も必要なのかという気持ちにもなりますね。

しかしそれぞれ出自や七福神に加わった経緯も違うのでこの七人に落ち着いたのにはたくさんの歴史と理由があるのでしょう。

実際に七福神になる前には8人だったとか、「おたふく」や「だるま」を七福神として考える文化もあります。

お正月などに何気なく見かける七福神ですが、こういうことをバッチリと誰かに説明できるとちょっとかっこいいですよね。

七福神の簡単な見分け方 七人の神様をきちんと見分けられるようになろう!!

お正月になると初詣のCMやチラシなどでよく目にする金銀財宝が満載の船に乗った7人の神様。

彼らは七福神といって家々に幸福をもたらす非常に縁起の良い神様と言われています。

でも7人も居たら、流石に分かりづらいですよね。

七福神それぞれの見分け方を紹介していきたいと思います。

①恵比寿天

 商売繁盛の神様である恵比寿天(えびすてん)、彼は釣り竿を持ち鯛を抱いています。

②大黒天

 大黒天(だいこくてん)は五穀豊穣の神様、打ち出の小槌を持って米俵に乗っています。

③毘沙門天

 毘沙門天(びしゃもんてん)は災難や厄を払うための強そうな鎧と矛を身に着けています。

④弁財天

 弁才天(べんざいてん)は芸事上達の神様で、七福神唯一の女性の神様です。

⑤福禄寿

 福禄寿(ふくろくじゅ)は長寿の神様、鹿を従えています。

⑥寿老人

 寿老人(じゅろうじん)は健康長寿の神様で、長い頭がトレードマークです。

⑦布袋

 布袋(ほてい)は、福を呼び込む笑顔とぱんぱんのお腹に背負った袋が目印です

神様だって名前を憶えて欲しいもの!

しっかり見分けることができれば喜んでくれて、ご利益も増すかも!?

七福神めぐりとは?

七福神(しちふくじん)めぐりとは、

お正月に神社やお寺を合計7か所お参りするツアーです。

もともと、室町時代に始まったとされ、江戸時代に庶民のツアーとしてブームになりました。

仏教の教えから7が縁起のいい数として選ばれたのが始まりです。

七福神めぐりは、日本各地にあります。

全国に300か所あるとも言われますが、正月限定が一般的です。

1月1日から1月15日までを目安にお参りしましょう。

お参りに出かける際、特に準備するものはありません。

コンプリート証明に御朱印帳があれば記念になります。

七福神めぐりの神社やお寺で、限定の色紙や御朱印帳を取り扱っている場合もありますので、

現地で購入するのもおすすめです。

 

七福神とは、恵比寿天、大黒天、毘沙門天、弁財天、寿老人、福禄寿、布袋尊の7名です。

それぞれにご利益が異なりますが、大切にしたいことばかりになっています。

気をつけたいのは、七福神めぐりは地域によってお参りする順番が決まっている場合があることです。

神社とお寺がセットになったりお寺だけになったり様々なパターンがあります。

お寺では柏手を打たないなど、お参りのマナーを間違えないようにしましょう。

1日で済ませなくても大丈夫です。

お正月に七福神めぐりに挑戦してみましょう。

七福神のわかりやすい説明 幼児向けに説明できるようになろう!!

七福神といえばその名の通り7人の神様ですが、

それぞれがどんな福をもたらすのかご存知ですか?

今回は七福神の特徴とご利益をご紹介します。

お正月にお子様と一緒に勉強してみてくださいね。

 

まず、「七福神」とは、日本で「福」をもたらすと古くから信じられている7人の神様のことで、一般的に「しちふくじん」と読みます。

・恵比寿天(えびすてん)
あぐらをかき釣り竿と対を持っている姿で描かれることが多いです。
商いの神様で、商売繁盛のご利益があるとして親しまれています。

・寿老人(じゅろうじん)
痩せて帽子をかぶった髭の長い老人で、長い杖を持ち桃や鶴など長寿を象徴したアイテムと共に描かれることが多いです。
モデルとなった架空の人物が大変長寿だったことから、健康長寿にご利益があると親しまれています。

・大黒天(だいこくてん)
おおきな袋を担ぎ打ち出の小槌を持ち、温和な顔で笑っている人物に描かれることが多いです。
財産や海運に関するご利益のある神様で、宝くじ売り場に招き猫と一緒に置いてあることがよくあります。

・毘沙門天(びしゃもんてん)
立派な兜をかぶり、槍を持った強そうな姿をしています。
商売繁盛や勝負運のご利益、また魔除けの御利益があると親しまれています。

・弁財天(べんざいてん)
七福神のなかで唯一の女性です。背中に羽衣を背負い、琵琶を持っている姿で描かれることが多いです。
金運や学業、縁結び、恋愛など多くのご利益を期待される神様です。

・布袋(ほてい)
大きなお腹で芭蕉の扇を持っている姿で描かれることが多いです。
夫婦円満や子宝、良縁などにご利益があるとして親しまれています。

・福禄寿(ふくろくじゅ)
長い頭と長い髭を蓄えたやせた老人の姿で描かれることが多いです。
寿老人と同じく、長寿の神様として有名ですが、出世や招徳人望(人から慕われ徳を得ること)のご利益もある神様です。

いかがだったでしょうか?
お正月に新年の新しい目標を立てるさい、福を招いてくれそうな神様をお守りにしてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では七福神が何の神様なのかお伝えしてきました。

新年を迎えると必ず目にすることがある有名な神様です。

7人それぞれに特徴やご利益も違っていますので正しく知ってご利益を預かりましょう!

名前を間違えたりして神様のご機嫌をそこねてしまっては大変です( ゚Д゚)

実際に七福神を祀っている神社やお寺にも行ってみたいものですね。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました