> ホワイトデーが3倍返しの由来とは?なぜなにホワイトデー - 最新トレンドニュース速報

ホワイトデーが3倍返しの由来とは?なぜなにホワイトデー

スポンサードリンク
 




 

バレンタインデーにチョコをもらったらホワイトデーをどうしようって思っちゃいますよね!!
なぜか、貰ったものの3倍返しのルールが定番になっています。

男性側からするとなんとも理不尽なホワイトデーの3倍返しルールですが、
どんな由来があるのでしょうか??

気になったので調べてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




ホワイトデーが3倍返しの由来。なぜなにホワイトデー

世の中の男性はホワイトデーになると、
バレンタインのお返しとして何をプレゼントしたらいいか悩みますよね。

特に男性が悩ますのがバレンタインチョコを貰ったら
そのプレゼントの3倍の値段でお返ししなければいけないという謎ルールがあります。

前にテレビ番組でその由来がやっていましたが、
某有名お菓子会社が売上を上げる為に
「バレンタインのお返しとして3倍の値段のお菓子をプレゼントしましょう」
というCMをキッカケにホワイトデーギフトは
3倍返しが基本となってしまったと云われています。

でも、問題としては
自分がもらったチョコやプレゼントがいくらなのか
わからないというという事があります。

たまに女子同士の会話の中で
「バレンタインデーの時に三千円のチョコ上げたのに
ホワイトデーの時、コンビニで売っている千円のお菓子プレゼントされた。
何か損した気分になる!」と愚痴っていた女の子がいました。

私はその女の子の損した気分がわかりますけど、
男性側の気持ちもわかります。

その女の子がいくらでチョコ買ったのか分からないし、
3月は色々とイベントがある為、
お金が足りなくなってしまう時期です。
経済的に厳しい状態の時にホワイトデーの3倍返しはキツイと思います。

正直、損得勘定でならチョコもらいたくないですよね、、、

ホワイトデーの時にそうならないように、
相手の女性にバレンタインチョコは安いのでいいよと一言言っておくか、

チョコもらった時に
「このチョコとても高そうだねチョコいくらぐらいしたの?」
と軽く聞いて見たほうがいいかもしれません。

相手が気を使って言わない場合は
「このチョコ美味しかったから自分で買いたい。どこで買ってきたの?」と
変化球で質問してみるのもいいかもしれません。

もし、ホワイトデーのお返しそのものが面倒だと思いましたら思い切って
「今年のバレンタインチョコ本命以外はいらない。義理チョコあげなくていい」
と周りの女性に宣言しても良いかもしれません。

ホワイトデーの「ホワイト」の意味とは??

3月にあるいくつかイベントがあると思いますが、

その中で忘れてはいけない「ホワイトデー」がありますね。
”バレンタインデーのお返しをする日”として定着していますが

ホワイトデーの「ホワイト」の意味は知っていますか?

ホワイトデーと呼ばれるようになる前から、
元々チョコレートをお返しするという文化はありました。

しかし「チョコレートのお返しでチョコレートを贈るのは味気ない」
「キャンディーを贈る日にしよう」
と全国飴共同組合内で意見が出た事から始まりました。

キャンディーを贈るため、
「キャンディーの日」と売り出そうとしたのですが
「白色は純潔のシンボルで純愛にぴったりの色であり名前」
であることから「キャンディーの日」ではなく
「ホワイトデー」で決定したと言われています。

他にも説はあるようですが、どれも日本発祥と言われています。
日本人の律儀な人柄からこの「ホワイトデー」が生まれたと言えます。

なのでバレンタインをいただいた方に感謝の気持ちを込め、
お返しを贈るようにしましょう!

日本のホワイトデーってどんな日?

何かとイベント目白押しな3月ですが、その中の一つ「ホワイトデー」

ホワイトデーと言えばみなさんご存知の通り、
バレンタインデーのお返しするという日です。

しかしこれは、日本発祥の風習なんだとか。
世界各国のバレンタインデーとは「恋人同士が愛を確かめ合う日」として、
お互いに贈り物をしたり食事を楽しんだるする日というもの。

そのため、ホワイトデーという風習はないそうです。

何かをもらったら、お返しをするという、
日本古来の考え方が産んだ風習なのかもしれません。

そして現在でも、ホワイトデーが行われているのは
日本を含む一部のアジア諸国だけなんです。

バレンタインデーにチョコレートをもらった男性は、
ホワイトデーにマシュマロやキャンディー、クッキーなどを
お返しに送るというものが私の時代ではスタンダードでしたが、
最近では少し変わってきている部分もあると感じています。

友チョコ、義理チョコ、自分チョコなど、
バレンタインがチョコレートを楽しむ日になってきており、
それに伴ってホワイトデーも同じようなカテゴリーになっているのではないでしょうか。

時代の移り変わりとともに、
こういったイベント内容も変わっていくのだとつくづく実感していますが、
どちらにせよ、感謝や愛情をバレンタインで示し、
ホワイトデーでお返しをするという根本的なところは同じであると感じます。

色んな説があったりしますが、誰かに贈り物をしたりされたり、
お返しを考えたりすることが好きな私にとっては、
とてもワクワクするイベントの一つです。

みんなが笑顔になる素敵な風習を、
これからも続けていきたいと思っています。

海外のホワイトデーってどんな日?

ホワイトデーは日本のお菓子業界がきっかけとなり、日本独自に発展した文化です。
特に欧米諸国にはホワイトデーがありません。

バレンタインデーには、恋人同士や親しい人、
お世話になった方に心ばかりのプレゼントを贈る風習のため、
そのお返しとなるホワイトデーは存在しません。

バレンタインデーで完結しているということになります。

お菓子業界がきっかけとなり広まったイベントですが、
日本では古くから、贈り物をいただいたらお返しをするというのが礼儀とされていますので、
自然と受け入れられ浸透したと言われています。

欧米諸国にはホワイトデーはありませんが、
中国、台湾、韓国には日本と同じようなホワイトデーの習慣が広まっています。

中国や台湾では「白色情人節」と呼ばれています。
日本ほど浸透しているイベントではないようですが、
恋人同士が共に過ごし、男性から女性にプレゼントを贈る日として、
若者世代には浸透しつつあります。

韓国のホワイトデー文化はほぼ日本と同じで、
恋人同士が共に過ごし、バレンタインデーのお返しとして、
男性が女性にプレゼントを贈る日となっています。

まとめ

今回の記事ではホワイトデーの3倍返しの由来についてお伝えしてきました。
男性にとっては怖いルールです!!
ただ、このルール抜きにしても女性からの贈り物に対しては
心をこめた喜ばれるプレゼントを贈りたいですね。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました