> ホワイトデー お返しや渡すものの意味一覧 各々の意味を知って想いを伝えよう! - 最新トレンドニュース速報

ホワイトデー お返しや渡すものの意味一覧 各々の意味を知って想いを伝えよう! 

スポンサードリンク
 




 

3月に入ってからの一大イベントのホワイトデー。

お店には色んなものが販売されているので、
どんなものを渡すと喜んでもらえるか悩んでしまいますよね。

ただ渡すものによっては、あなたの想いと違った意味を持つものになるかもしれません。
今回の記事ではホワイトデーで渡すもの・お返しのもつ意味についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




ホワイトデーに渡すものやお返しの意味

3月14日はホワイトデーです。

バレンタインにチョコを貰った男性が女性にお返しをする日とされています。
実はそのお返し、渡すものによって意味があるということをご存じでしょうか?
知らずに渡して勘違いされないようにするためにも参考にしてみてください。

①マシュマロ→「あなたが嫌い」
定番のマシュマロですが、すぐに溶けてしまうという理由から、
あなたとの関係を終わらせたい、すぐに消えるという意味になったのです。

②クッキー→「友達の関係」
こちらも定番ですが、サクッとして乾いている、
多くの種類があるなかのひとつということから、
特別な存在ではなく友達でいたいという意味になります。

③キャンディー→「あなたが好きです」
口の中で長く舐めていられる、甘いということから、
長い間甘い関係でいたいという意味になります。

④マカロン→「あなたは特別な人です」
お菓子の中でも高級なイメージのあるマカロン。
そんなイメージから特別な人に渡すという意味があります。

⑤キャラメル→「一緒にいると安心する」
口の中でゆっくり溶け合うところから、安心するという由来があるそうです。

⑥グミ→「あなたが嫌い」
すぐになくなることから関係性をなくしたい、という意味になります。

⑦マドレーヌ→「もっと仲良くなりたい」
合わせあった貝の形から、円満な関係、縁結びを表しているそうです。

⑧バームクーヘン→「ずっと好き」
引き出物にも選ばれることの多いバームクーヘン。
年輪が重なっていくイメージから、
幸せが長く続きますようにという意味が込められています。

意味を知らなかったら
何を貰っても好きな人からのお返しであれば嬉しいですけど、
女性の中では意味を気にされる方もいるようなので、
お返しをされる前に調べられてもいいかもしれないです。

とはいえ一番大切なのは気持ちだなと思います。
大切な方と素敵なホワイトデーをお過ごしください。

これよりさらに詳しくお伝えしていきます。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~ドーナツ

モノには何にでも意味があります。

ホワイトデーにドーナツを贈ることにも大きな意味がありますので、
意識して活用してみてください。

気になる、ドーナツを渡す意味とは、
「あなたのことが大好きです」というものなのです。

本命の相手にはドーナツを贈ってもよいと思いますが、
この意味を知らずにドーナツを方々にお贈りすると
大変なことになってしまうので注意してください。

なぜ、そのような意味になるのかについてですが、英語に由来しているようです。

「I like you a whole bunch.」
これは英語で、あなたのことが大好き、という意味ですが、
この「whole」と、ドーナツの中央にある「穴=hole」をかけて、
「あなたのことが大好きです=ドーナツを贈ります」となったと云われています。

日本人の我々にとっては、
すぐにピンとくるような由来ではないかもしれませんし、
ドーナツ業界の販売戦略の一種かもしれませんが、
ホワイトデーのドーナツにはこんな意味があったのですね。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~マカロン キャンディ

ホワイトデーのお返しには、
チョコやクッキー、キャンディなど様々なものがあり、それぞれに意味があります。

そんな中、ホワイトデーのお返しの定番「キャンディ」や、
女性にも人気のお菓子「マカロン」にはどんな意味があるのでしょう?

まずは定番「キャンディ」
ホワイトデーに贈るキャンディの意味は「あなたが好きです」
口の中に長く残り楽しめるキャンディは、
交際が長く続くことを連想させ、
順調な交際を期待する意味が込められているんです。

反対に、口の中ですぐに溶けてなくなるマシュマロは
「あなたが嫌い」という意味になるので要注意!

続いて、可愛い色とまるい形が魅力の「マカロン」
マカロンの意味はずばり、「あなたは大切な人」
カラフルで可愛いマカロンですが、元々はイタリア発祥のお菓子。
独特の食感と甘さが女性にも大人気です。

ただ、キャンディやクッキーなどに比べると少々割高です。
気軽に購入するというよりは、
自分へのご褒美や、ちょっと特別な贈り物に選ぶ人が多いのではないでしょうか。

そんな、ちょっと高級感のあるお菓子であることから、
「大切な人に贈るもの」という意味が込められるようになりました。

大切な人と聞くと恋人を思い浮かべがちですが、
家族や友人、職場の同僚など、あなたにとっての大切な人は沢山いますよね。

ホワイトデーというこの機会に、
ぜひ、あなたの特別な人にマカロンを贈ってみてください。

相手を想って選んだ可愛らしいマカロン、
きっと喜んで貰えるのではないでしょうか。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~フィナンシェ

ホワイトデーの贈り物のなかでもっとも多いのが「洋菓子」だとおもいます。
そのなかでも近年人気を集めているのが「フィナンシェ」です。

フィナンシェは食感などがマドレーヌにていることからよく間違われやすいです。

マドレーヌとフィナンシェの違いは、
マドレーヌは「貝殻」、フィナンシェは「台形」の形をしているお菓子です。

もともとフィナンシェはフランスでは「お金持ち」
つまり「縁起がいい」といわれています。
しかし、フィナンシェ自体、特に贈り物としてはほとんど意味がありません。

一方、マドレーヌには「仲良くなりたいなど」女性との深い関係を意味します。
プレゼントなどのギフトを購入するときに
フィナンシェとマドレーヌは単体よりも
1つのセットになっていることの方が多いです。

そのため、フィナンシェと一緒に
マドレーヌがついていたらそれは「仲良くなりたい」など
深い関係になりたいということを意味していると解釈していいということになります。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~プリン

バレンタインにチョコをもらった男性は、
ホワイトデーでお返しをしないとなりません。
お返しの品物としてのスイーツにも様々な種類がありますが、
今回はプリンについてお伝えします。

プリンが好きという女性はかなりいるので、
ホワイトデーに贈る際は最適なプレゼントです。

ホワイトデーでプリンを贈る意味とは?

結論から言いまして、プリンをお返しすることに特に意味は無いのです。
贈り物に込められた意味が気になるようでしたら、
意味を持っていないプリンをお返しすると良いでしょう

ホワイトデーのお返しに最適な手作り2つのプリン
ここからはおすすめな手作りプリンを紹介します

ゼラチンで簡単にできる、とろけるプリン
ゼラチンを使ったプリンは、簡単に口当たりが滑らかなプリンが作れます。
簡単に出来るのに、ぷるぷるの食感に仕上がります。
ホワイトデーのみならず普段のおやつにも向いています。

クリームチーズで作る滑らかなプリン
クリームチーズで作ったプリンは、
チーズが好きな方に贈るにはぴったりです。
なめらかなクリームチーズのプリンはとても美味しいので、
ホワイトデーにも合っています。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~ラムネ

ホワイトデーのお返しでラムネを渡すことの意味をお伝えします。

ラムネは口に入れると直後に溶けてしまうということから、
薄い関係を表しておりあまり好意を抱いているわけではないという意味になります。

なのでもし、自分が気になっている方や
恋人にプレゼントとして渡す際には避けておいたほうがいいと思います!

もし好意を寄せている方や恋人、
ご主人からホワイトデーのお返しにラムネをもらった場合でも
あまり考えて落ち込みすぎないほうがいいかもしれないですね!

その方がそこまで意識してラムネを選んでいるとは限りません。

実際私は男性なのですが
学生時代などにそういった意味を知っていたかという全く知りませんでしたよ!

バレンタインデーのお返しの意味なんて深く考えたことなんてありませんでした(笑)

ただ、もしあなたにお返しをくれた方が
意味を持ってラムネを渡しているのか気になったら
勇気を出して直接聞いてみてもてもいいと思います!

もし深い意味がなければそれはそれいいですし、
意味があってラムネをくれたのだとしたら
あなたのことを真剣に考えてくれた証拠なので
そんな素敵な方を好きになったあなたの目は間違っていなかったということです!

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~ジャム

「ジャムをホワイトデーにプレゼントしたい」
そんな風に考えている方もいらっしゃるでしょう。
今回の記事ではホワイトデーのお返しにプレゼント、
ジャムをプレゼントする意味を紹介します。

ホワイトデーのお返しにジャムを贈る意味は
結論から言いますと、特別な意味はありません。
だからこそ義理チョコをもらった場合や特別な行為が無い場合など、
深く考えずに渡せる所がジャムの利点です。

ホワイトデーにお勧めなジャム
アラン・ミリア
繊細で爽やかな味わいのジャムは、
世界中にある一流のレストランで提供されるほどです。
瓶もお洒落です。

セルフィユ軽井沢
セルフィユ軽井沢のジャムは、
全部の種類が果実を45%以上を含んでいる特級クラスです。
果実そのものの風味が楽しめる製品です。
また食べる果実以外のものもあります。

クリスティーヌフェルベール
トップのパティシエである
クリスティーヌフェルベールさんが作っているジャムは
1瓶2376円もする高級なジャムです。
お勧めした味はアルザス産のフランボワーズ(種入り)です。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~ウエハース

ホワイトデーが近づいてくると
バレンタインのお返しをどうしようかと悩んでいる方が多いと思います。
ただ、お返しのお菓子を適当に選んでいると痛い目に遭う場合があります。

例えば、KALDIなどの輸入品を扱っているお店では、
海外製のウエハースがたくさん販売されています。
海外製のウエハースはパッケージデザインが
オシャレで値段がお手頃なので買ってしまう方も多いと思います。

しかし、本命の人にも渡す場合は
ウエハースやクッキーみたいなサクサク食感のお菓子は
ホワイトデーにプレゼントしないほうが良いです。

何故なら、ウエハースやクッキーみたいなサクサク系のお菓子は
「軽い関係」や「あなたの事は友人だと思う」という意味を持っております。

また、ウエハースやクッキーって安く売られているし、
普段から食べられているから特別感がなくて
人によっては自分のことを
下に見られていると感じてしまって不快感を感じてしまう人もいます。

ウエハースやクッキーみたいなサクサク系じゃなくても
「チョコ」「マシュマロ」「グミ」みたいな
スーパーやコンビニで手軽に買えるようなお菓子は
義理のお返しに渡すイメージが強いお菓子なので
本命にはプレゼントしないほうが良いです。

でもその人からホワイトデーのお返しは
サクサク系のお菓子が良いとリクエストが来た場合は
デパート等でうっているお高いサクサク系のお菓子をプレゼントしてもいいと思います。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~和菓子

2月のバレンタインの時に男性にチョコレートをあげたら、
ホワイトデーに「和菓子を貰った」人もいるかもしれません。

通常ホワイトデーのお返しとして思い浮かぶのは
チョコレートやケーキ、キャンディなどいわゆる「洋菓子」であると思います。

しかし、「和菓子」にはどういった意味があるのか、
実はホワイトデーに「和菓子」を送る男性の心理は
かなり謎に包まれているといっていいと思います。

男性のなかには「チョコレートなど皆と同じものを送ってもつまらない」
などといった心理があるかもしれません。

女性の立場から見てみれば、
少しでもタイプの男性からだと「脈アリ」と感じるかもしれませんが、
実際には特に「意味はない」ようです。

そのため和菓子をもらったら素直に喜ぶのが望ましいです。
和菓子の方が色とりどりですし、季節感を感じることができます。

男性のなかには洋菓子よりも和菓子が好きという人もいるかもしれませんから、
「和菓子がいい」あるいは「洋菓子がいい」などといった
決まりはないということになります。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~腕時計

ホワイトデーで渡される腕時計には
「あなたと同じ時間を刻みたい」という意味があります。

この場合の「あなた」は、恋人・伴侶・友人・同僚(先輩、後輩)などです。
恋人・伴侶に対してなら、とてもロマンティックな意味合いになりますし、
友人・同僚に対してならこれからも仲良くして欲しいという意味合いになります。

汎用性が高く、意味もそんなに重くないので気軽にプレゼントできます。

最近の腕時計はノンブランドでも、
安くて可愛らしいものも多くあるので、学生さんのお返しにも向いています。

成人女性に対して送るのであれば、
仕事でも着けられるシンプルなものがいいかも知れません。

レザーベルトのものならどんどん肌に馴染んでいくのでつけ心地も良くなります。

着飾るときに身に着けてほしいのなら、
ピンクゴールドなどの華やかなでアクセサリー要素の強いものがおすすめです。

恋人や伴侶に送るのなら、ペアウォッチもおすすめです。
さりげないので一緒につけていても気恥ずかしくなりません。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味~香水

ホワイトデーのお返しでお菓子類の次に多いのが、
「香水」やアクセサリーであるといわれています。

香水のイメージとしては
男性よりも女性の方が使用率が高いと考えられています。

近年では男性向けの香水や女性と共用で使うことができる
「ユニセックスタイプ」のものなど多様化しつつあります。

実はホワイトデーのお返しが「香水」だったというには一定の意味があります。
香水には「独占したい」という意味があるのです。

男性が自分の気に入った香りのする香水を
「お気に入りの女性につけてほしい」という一種の願望から成り立っているのです。
男性が香水を送る相手は「本命の女性」とみて間違いがないのです。

しかし、女性の気持ちからしてみたら
「香水をもらっても嬉しくない」と考えている女性も少なからずいます。

女性がその香りを気に入ったらいいのですが、
香りを選ぶのはなかなか難しいといってもいいくらいです。

贈り物として香水を選ぶときには慎重に判断することが望ましいです。

ホワイトデーに渡すものやお返しの意味 番外編~ワイン

家庭の主婦になって、
バレンタインデーもホワイトデーも興味がなくなってきました。
夫の職場のために用意したり、子どもに頼まれて買ってきたりとその程度です。

しかし、8年前にパートで勤め始めた会社は、社長と若い男性3人と私の職場でした。
みな気さくでよい人ばかり。
勤務して初めてのバレンタインデーがやってきたので、
私は全員にはりきってちょっといいチョコを買って渡しました。

幸いみな喜んで「こんなおいしいチョコは食べたことない!」と言ってくれました。
ちなみにチョコレートは北海道から取り寄せました。
お返しは、正直少し期待していました。

3月14日の当日会社にヤマト便が来ました。
「お酒」と大きく書いてありました。

なぜ会社にお酒?と思ったら、
同僚の若い男性陣たちが「ああ、見つかっちゃった。」と頭かいてます。

お酒好きの私のために、
ドイツワインを数本選んでお返しにしようと相談してくれていたそうなんです。

お菓子だと子どもの多い我が家では、
私の口に入らないだろうと考えてくれたとのことで、
大人になってから一番嬉しいホワイトデーのお返しだなと思いました。

もちろん夫と2人でおいしくいただきました。

まとめ

今回はホワイトデーの渡すものやお返しについておつたえしてきました。
バレンタインデーで渡すものにも意味がありましたが
ホワイトデーで渡すものにも色んな意味があることが分かりました。

あなたの気持ちを込めたメッセージを添えて、相手に想いが届くといいですね。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました