> ホワイトデーでお返しがネックレスだとどういう意味があるの?思いが重い? - 最新トレンドニュース速報

ホワイトデーでお返しがネックレスだとどういう意味があるの?思いが重い?

年間行事

スポンサードリンク
 




 

ホワイトデーでお返しに何を渡したらいいか迷ったことってないですか??

毎年のようにくるバレンタインデー。

寒い時期に女性からチョコをプレゼントをもらう心温まるイベントです。義理だとわかっていても貰ったらうれしいですよね。

ただ3月に近づくと困ってしまうのがバレンタインデーのお返しを渡すホワイトデー。

世間ではチョコの3倍返しとか言われるし、お返しするものに悩んでしまうことありますよね。

僕も経験あるのですが、定番のマシュマロやチョコなどを渡そうかと思ったのですが、できれば食べ物じゃなくて形に残るもの渡したいと思いました。

そこでアクセサリーにしようと思ってお店に行ったんですけど、ホワイトデー限定のデザインとかたくさんあってどれがいいのか考えた結果ネックレスを渡すことにしました。

いざ、渡すとなるとどういう意味にとられるか不安になってしまいましたので今回はホワイトデーでお返しにネックレスを渡すのはどんな意味があるのか調べてみました。

記事中

スポンサードリンク




ホワイトデーでお返しが「ネックレス」どんな意味なの?

ホワイトデーでのお返しがネックレスだと大切な女性に渡すというイメージが男性側にも女性側にもあるようです。それも学生のような若い方から社会人までみんな同じようなイメージを持っているようでした。

そのため、ホワイトデーでネックレスを渡すということは恋人に送るプレゼントや恋人でなくても付き合いたいようなすごい好意を持っている女性へのプレゼントという意味があります。

そこにはネックレスの金額はあまり関係ないようでしたのでした。実際にお店に行ってみてもホワイトデー限定のネックレスは安くてもかわいいものがいっぱいありましたしね。

両想いのとき⇒大切な彼女へのプレゼント

恋人関係にないとき⇒男性から女性に特別な感情がある

このような意味に取られます。

ちなみに前の年のホワイトデーでネックレスを渡していたとしてもネックレスを渡しても大丈夫なようです。女性側の意見としては好きな人からは何をもらってもうれしいし、毎年流行が違ってくるので前に貰ったときとデザインが違うので同じネックレスでも問題ないとのことです。

プレゼントのひとつひとつが大好きな人との記念や思い出にもなるんですって☆彡

ホワイトデーでお返しがネックレスだと重い??

中にはホワイトデーの時にお返しでネックレスをプレゼントされるのは重いと感じられることもあるようなので注意が必要です。

女性側が全くそんな気がないときやあまり仲のいい関係にないとき、バレンタインデーのときに渡したチョコとの金額の差があまりにも大きいときにそういう感覚になってしまうようです。

やはりネックレスのようなアクセサリーだと特別な感情があるように思われるので、人間関係が築けていないときに突然そんなプレゼントをされても女性が重いと感じてしまうようですね。

また、ホワイトデーに限らずネックレスを渡すときには

「相手を自分のものにしたい、独占したい、束縛したい」といった意味があるようです。

その意味を女性側が知っていたらドン引きなんてことにもなりかねません。

まずはお菓子とかご飯をごちそうするとかで関係をつくるほうがよさそうですね。

 

ホワイトデーでお返しに何にしようか調べているときにネックレス以外のプレゼントについても意味があることがわかりましたのでご紹介します。

ホワイトデーでお返しが「グミ」だとどんな意味なの?

ホワイトデーでのおお返しにお菓子を考えることがあると思います。

チョコや飴やマシュマロなんて定番ですものね。

しかし意味を知らずに渡してしまうと意外な落とし穴にハマるなんてことにもなりかねません。

ホワイトデーでのお返しにグミを渡すと「あなたが嫌い」という意味があります。お菓子としては定番のグミなので好きな女性もいると思いますが、ホワイトデーでお返しとしてグミを渡すのは避けたほうがいいでしょう。

他のお菓子にも意味があります。

マシュマロ  あなたが嫌い
飴・キャンディー  あなたが好きです
マドレーヌ  もっと仲良くなりたい
カップケーキ  あなたは特別な人です
キャラメル  一緒にいると安心する

逆に意味が込められていないお菓子は、和菓子・ケーキ・プリン・ゼリー・シュークリーム・ラスクなどです。

 

もし恋人や結婚しているご夫婦さんの関係であればお菓子でも金平糖がとてもいい意味を持っているのでおすすめです。

ホワイトデーでお返しが「金平糖」だとどんな意味なの??

金平糖には「永遠の愛」という意味があります。飴やキャンディーとは一段と違った意味があるので恋人や夫婦といった関係の女性には金平糖がおすすめです。

普段、照れくさくてプレゼントが渡しにくい方でもホワイトデーでなら渡しやすく愛を伝えられるのではないでしょうか。

さいごに

今回はホワイトデーでのお返しがネックレスだとどんな意味があるのかご紹介してきました。

両想いのときは大切な女性へのプレゼント、恋人関係にないときでも男性が女性に特別な感情を持っているように思われています。

ネックレスをプレゼントすることには、「あなたを独占したい・束縛したい・自分のものにしたい」といった意味があります。

ですので、男性と女性の関係によっては女性との関係がこじれてしまったり、重いと感じられたりすることがあります。

恋人以上の関係にあれば女性は男性からもらったものであれば前に貰ったものと同じようなものでもうれしいそうです。

ネックレスをお返しで渡すことを考えているなら、一方的な感情の押し付けにならないように女性との関係について考えてみるといいでしょう。

 

もし、ネックレスをお返しにするのをやめてお菓子にしようと考えているとしてもそれぞれに意味があるのでぜひご確認ください。

これでホワイトデーでお返しにネックレスを渡すときの意味については以上になります。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました