> 鏡餅ってなぜ鏡って文字がついてるの?鏡餅のいわれを解説 - 最新トレンドニュース速報

鏡餅ってなぜ鏡って文字がついてるの?鏡餅のいわれを解説

スポンサードリンク
 




 

お正月にどこの家庭でも飾られる定番のひとつに鏡餅があります。

絵にしてみると大体の方は大きなお餅の上に一回り小さなお餅が乗っていて、

さらにその上に柑橘系の果物が乗っている、そういったものを想像されることでしょう。

さて、ここで鏡餅には鏡や鏡に似たものが全く出てこないことに気づきます。

そこで、今回の記事では鏡餅では鏡が使われていないのに、なぜ「鏡」餅と呼ばれているのかお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




鏡餅には鏡が使われてないのに、なぜ「鏡」餅って言われているの??

お正月飾りと言えば、二段重ねのお餅に橙(みかんではないんです。)をのせた鏡餅が定番ですよね。
(ちなみにダイダイと読みます!)

でも、この鏡餅…

別にどこもキラキラ反射してもいないのに、なぜ「鏡」餅なんでしょうか?

これは文字通り古代の鏡に由来するそうです。

昔の鏡は銅鏡と言って、青銅製の丸いものだったんです。

さらに金属製品を作る技術が未熟だった古代の人々にとって鏡は超高級品。

自分や周囲をありのままに映し出す性能と相まって神秘的で貴重なアイテムとされ

今でも鏡を御神体とする神社は日本各地にあります。

さて、お正月と言えば年の初めに年神様と呼ばれる神様を家に招き

一年の豊作や安全をお祈りする大事な日ですよね。

年神様へのお供え物であり「そこに神様がいるよ」という

目印にするために神聖なイメージを持つ鏡に似せた丸いお餅を作って、

お供えするようになったのが鏡餅の起源とされています。

床の間や神棚にどんと置かれる鏡餅。

そんな神様の鏡で映しても恥ずかしくないような一年を過ごしたいものですね!

 

この神聖な鏡餅ですが、餅は食べますが飾りのほうはいつかは廃棄しなければいけません。

いつ・どのように廃棄するといいのでしょうか??

正しい捨て方を実行することで最後まで縁起のいいお正月行事を行いたいですよね。

鏡餅の飾りの正しい捨て方についてまとめましたので、

良かったら確認してみてください!!

 ⇒鏡餅の飾りの捨て方のまとめ

鏡餅にはどんな意味が込められているの??

お正月飾りといえば、鏡餅。

鏡餅をなぜ飾るのか、その意味を知っていますか?

鏡餅は、新しい1年の神様である「年神様」の拠り代です。

本来、お正月の行事は年神様をお迎えし、もてなし、お見送りするためのものだと言われています。

お迎えした年神様の居場所となるのが「鏡餅」です。

お正月を過ぎて鏡開きをして、年神様が宿ったお餅を食べることで、

年神様の運気や力を分けてもらいその年の1年間の無病息災を願う意味があります。

鏡餅という名前の由来は、銅鏡という丸い鏡だと言われています。

銅鏡は三種の神器のひとつであり、神様が宿ると考えられていました。

このことから、年神様の依り代である丸い餅を鏡に見立てて「鏡餅」と呼ぶようになったとされています。

鏡餅の丸い形には「心臓」の意味があり、人の魂の象徴でもあります。

また、鏡餅を大小二つ重ねるのは、月(陰)と太陽(陽)を表していて、

福徳が重なって縁起がいいと考えられたからだと言われています。

「円満に新しい1年を重ねる」という意味もあります。

鏡餅に乗っている橙(ダイダイ)にはどんな意味があるの??

鏡餅の上の果物、私はずっとみかんだと思っていました・・・。
え?あなたも?

みかんではありません、橙(だいだい)という果物なのです。
何か意味はあるのでしょうか?
みかんじゃだめなの?

橙はミカン科の柑橘類なのですが、酸味が強いためみかんのように直接食べることはありません。

うちの実家には橙の木があるのですが、

果汁を絞って醤油と混ぜたものをポン酢として使っていました。

生活にはなじみない果物ですが、色としては親しまれていますよね。

「だいだい色」はまさにこの橙の色です。

では、どうして鏡餅の上に乗せるのはみかんでなく橙なのでしょう?

 

橙は その語呂合わせから縁起がいいとされています。

橙(だいだい)→代々(だいだい)・・・
そう、子孫が代々栄えますようにという願いが込められているのです。

また、この橙は熟しても木から落ちないで、何年も新しい実がなります。

何代も続いて一つの木に実をたくさんつける橙。

そんな橙のように家系代々の繁栄を祈って、

その年の歳神様が宿るという大切な鏡餅にのせられるようになったのですね。

 

ということで、鏡餅にはみかんではなく、橙を飾りましょう!

願いが込められた大切な橙です

くれぐれもお間違いのないように!!

まとめ

今回の記事では鏡餅には鏡が使われてないのに、なぜ「鏡」餅と呼ばれているのかお伝えしてきました。

昔の人は鏡が手に入らないために、似たものを鏡として扱っていたのですね。

先人の知恵と信仰心はすばらしいといつも思います。

お正月に限らず、伝統行事そのものにも伝統行事に使われるものにも必ず意味がありますよね。

正しく知ることで先人からの想いも引き継いでいきたいですね。

 

 

この神聖な鏡餅ですが、餅は食べますが飾りのほうはいつかは廃棄しなければいけません。

いつ・どのように廃棄するといいのでしょうか??

正しい捨て方を実行することで最後まで縁起のいいお正月行事を行いたいですよね。

鏡餅の飾りの正しい捨て方についてまとめましたので、

良かったら確認してみてください!!

 ⇒鏡餅の飾りの捨て方のまとめ

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました