> 本厄の厄払いはいつまでに行けばいいの?手順や受けた後の過ごし方も知っておこう - 最新トレンドニュース速報

本厄の厄払いはいつまでに行けばいいの?手順や受けた後の過ごし方も知っておこう

スポンサードリンク
 




 

新しい年を迎えて初詣の時に「今年って厄年やん!」って気づいたんじゃないですか?
そうなると厄払いしたくなるけど、
いつまでに行ったらいいのか細かいところまでは分からないですよね。
今回の記事では厄払いの期限やその他厄払いについて調べましたのでお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




本厄の厄払いはいつまでにいけばいいの?

気が付けば「今年本厄だ」と気が付いていても
では、「いつまでに厄払いに行けばいいのか」
というところまでは分からない方って結構多いのではないでしょうか??

一般的には厄払いの時期は1月1日から2月3日の節分までに厄払いされる方が多いです。
2月4日が旧暦の新年にあたるため、その前に終わらせるという考え方です。
ですが、これはあくまで一般的な話で、
このタイミングで厄除けができなかったとしても大丈夫です。
厄除けは1年中できます。

そのため、ご自身のタイミングで厄除けに行っても問題ないので
ご都合のいいときに厄除けしてもらいましょう。
ちなみに厄年は、数え年で
男性は25歳、42歳、61歳
女性は19歳、33歳、37歳、61歳が厄年です。

またその前と後に
前厄、後厄もあり3年に渡り注意したほうが良いと言われており、
本厄のみならず、前厄、後厄もしっかり厄払いしてもらう事をオススメします。

あとどうしても自身で厄払いに行けない方は、
代理を受け付けてくれる所もあるので、
代理で厄払いしてもらうのも効果的でしょう!!
名前、生年月日を伝える必要がありますので代理のかたにしっかり伝えておくとよいですね。

 

本厄が終わっても油断は大敵!!
後厄がまだ残ってますよ!!
というより、後厄でも厄払いって必要なのでしょうか??
気になったので調べてお伝えします。
 ⇒後厄でも厄払いって必要なの??

厄年ってどういうものなの?

よく、「今年は厄年だからお祓いにいかなきゃ」といった会話を耳にすることがありますよね。
私ももうすぐ厄年なので、今からドキドキしてしまいます。
それでは、その「厄年」とは一体何なのでしょう?
できれば避けたい厄年ですが、どんなものか知っておくと今後役に立つかもしれません。

そもそも厄年とは、
「肉体的な変調をきたしやすく、家庭的・対社会的にも転機を迎えやすい時期」で、
「災難が多く慎むべき年」と云われています。

起源は陰陽道とされており、
陰陽道は、中国の「陰陽五行説」に神道や仏教などを取り入れた日本独自のもので、
月や星の動き、時の流れ、自然の変化から吉凶や禍福を占うものです。
これに基づき、日時や方位の吉凶が定められ、厄年が決まったそうです。

また、厄年の年齢は男女で異なり、
数え年で男性が25歳、42歳、61歳、女性では19歳、33歳、37歳が厄年にあたります。
そして厄年の前後1年間は、それぞれ前厄・後厄とされています。

また、男性の42歳、女性の33歳は大厄といって、
凶事や災難に遭う確率が非常に高いとされています。
災難が多いというだけでも怖いのに、
もっと多い年が存在するなんて、本当に恐ろしいですよね・・・

ですがこれらのことに科学的根拠はないそうなので、
昔から信じられてきた歴史あるもの、
一つの文化として捉えてみるのも良いかもしれませんね。

厄払いを受ける基本的な流れ

厄払いの祈祷には基本的に予約は不要ですが、
地方の神社などは不在な場合があり、
事前に電話で確認すると良いでしょう。
また、その時に当日どのような流れで行うかも確認します。

当日の基本的な流れとしては、
①社務所にて受付を済ませます。
 大きな神社やお寺の場合、申し込み用紙に記入し祈祷料を渡します。
②祈祷の準備をしている間、呼ばれるまで待合室にて過ごします。
③祈祷の場所へ移動します。
④祈祷の流れや祈祷の意味などの説明
⑤祈祷
⑥お守りやお札を受け取り終了

全ての工程で20~30分ほどで終わります。
また、人気のお寺や神社などでは、
大勢で一緒に祈祷を受ける場合もあります。
各地域で異なるので、念のため事前にリサーチした方が良いですね。

基本的に1月、2月に受ける方が多いため、
服装は暖かい格好で行くと良いでしょう。
服装は自由なため、普段着で大丈夫ですが、いつもより少しきちんとした服装が良いでしょう。

厄払いを終えてからの過ごしかた。どんなことに注意したらいいの??

前厄・本厄・後厄といったいわゆる「厄年」のときに、
災難や病気にならないように厄払いに行かれる方も少なくないと思われます。

ちなみに厄年は数え年で、
男性の場合は「25歳、42歳、61歳が本厄(その前後の歳が前厄・後厄)」、
女性の場合は「19歳、33歳、37歳、61歳が本厄(その前後の歳が前厄・後厄)」となります。
数え年は、誕生日が来るまでは満年齢プラス2歳、
誕生日の後は満年齢プラス1歳と数えればいいです。

さて、色んなお寺や神社などで厄払いを行っており、
それに行った後はどう過ごせばいいのか気になるところですよね。

基本的には通常どおりの生活をすればいいのですが、
厄払いをするということは災難や病気にならないように願うことです。
そのため、時と場合によって「自分は厄年だから気を付けよう」と
ちょっと意識することで注意を払うことが増えるでしょう。

厄払いをしたからといって無理や無茶をしたり、
暴飲暴食など、危険で不健康な生活をしていてはせっかく厄払いを受けてももったいないですよね。

厄年が明けたら、厄払いを受けたお寺や神社に「お礼参り」に行きましょう。
このお礼参りは、
例えば前厄の厄払いのお礼に行くなら本厄の厄払いを兼ねるなど、
前後を兼ねてもよいとされています。

厄払いも他力本願ではなく自分の気持ちと行動次第、
厄払いを受けて気持ち良く過ごせていけるといいですね。

数え年の数え方を知っておこう!!

「数え年」と聞くと、満年齢とは違うので
数え方に困ることがあるかもしれませんね。
特に寺社などに行くと看板に数え年何歳の方は…などと
書かれていることも少なくないと思われます。

数え年とは
「生まれた日を『1歳』と数えたうえで、元旦に年を取る」ということです。

一方、日常的に使う満年齢は
「生まれた日を『0歳』と数えたうえで、誕生日に年を取る」ということになります。

これを計算式のようにしてみると、

誕生日が来るまでは「満年齢+2歳=数え年」
誕生日の後は「満年齢+1歳=数え年」ということになります。

このように数え年の数え方を覚えていると祭事などに便利ではありますが、
もちろんわからなくなることもあるでしょう。
そんなときは神社やお寺に聞いてみると教えてもらえます。

ちなみに、正月に年を取るという考え方は、
日本では正月には歳神様をお迎えするという古くからの風習があり、
歳神様が来ると一年分の力をいただいて年を取る、
というように考えられてきたようです。
このようなお話も神社などで尋ねると分かりやすく教えてもらえるので
一度聞いてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では厄払いをいつまでに受けるといいのか、
厄払いの手順などをお伝えしてきました。
自分の身に悪いことが起こらないように気を付けながら過ごしていきたいですね。

 

本厄が終わっても油断は大敵!!
後厄がまだ残ってますよ!!
というより、後厄でも厄払いって必要なのでしょうか??
気になったので調べてお伝えします。
 ⇒後厄でも厄払いって必要なの??

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました