> 厄払いの時期が過ぎたら、、、立春を過ぎたときの対応はこれ!! - 最新トレンドニュース速報

厄払いの時期が過ぎたら、、、立春を過ぎたときの対応はこれ!!

スポンサードリンク
 




 

今年が厄年と知っていても、
何かと忙しくて厄払いに行けなかった方いませんか?
立春もすぎたけど、平穏に過ごしたいので厄払いしてほしいと思いますよね。
今回の記事では厄払いの時期を過ぎたときにどうしたらいいのかお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




厄払いの時期が過ぎたら、、、どうしたらいいの??

厄年にあたる年齢の方が
お寺や神社などに行って厄払いをしてもらうことがあるでしょう。

ちなみに厄年は、
男性であれば「数え年で25歳、42歳、61歳」
女性であれば「数え年で19歳、33歳、37歳」とされています。

数え年の数え方は、
誕生日が来るまでは「満年齢プラス2歳」
誕生日の後は「満年齢プラス1歳」と数えればいいです。

さて、もしも厄払いの時期が過ぎてしまった場合は
どうすればいいのかと思う方もおられることでしょう。
もちろん、厄年だからといって本当に災難や病気が多いとは限らないです。
厄年という考え方も古くからの風習ですので、
一定の年齢をきっかけにして気を付けて過ごしていこう
という意味合いが強いとみられます。

厄年を過ぎても厄払いをしてほしいと願い出れば対応してくれるお寺や神社もあります。
また、厄払いは一般に立春までに行うとされています。
しかし、お仕事やご家庭の事情で立春を過ぎてしまった場合でも、
まずはお寺や神社に相談してみるといいでしょう。

厄払いは災難や病気にならないように気を付けようという気持ちが大切です。
厄年の方も、そうでない方も、平穏無事に過ごせるといいですね。

 

厄払いの時期を過ぎたら、、、という話でしたが、
実際には厄払いはいつまでにするのがいいのでしょうか?
次の記事にまとめてみましたのでご確認ください。
 ⇒2022年の厄払いはこの日までに行こう!!

日常生活で簡単にできる厄の落とし方

神社へ行くと「厄年」「厄払い」など、お祓いをする習慣があります。
厄払いは神社へ行かなければできない訳ではありません。
今回は、「日常でできる厄払い」についてご紹介します。

【厄年とは?】
一生のうちに人は3度に渡り、災いが降りかかりやすいと言われている年があります。数え年(生まれた年を1才と数える)で、以下を「厄年」と呼びます。
男性→25歳・42歳・61歳
女性→19歳・33歳・37歳
また、厄年の前後1年も注意が必要な年として
「前厄」「後厄」とし、3年に渡り心構えが必要です。

【厄払いの方法とは?】
では、厄払いはどの様にしたらよいのでしょうか?
第1には「神社でお祓い」なのですが、「
近所に神社がない」「忙しくて神社に行けない」
そんな方に、お手軽な厄払いをご紹介します。

①盛り塩
自宅の玄関の入口に、両脇2ヶ所に盛塩をおすすめします。
玄関から入る厄を払ってくれて、気分もすっきりします。

②断捨離
現在の自分にとって必要なもの、不要なものを見極めて、
リサイクルショップへ出し、廃棄することです。
古来より、不要なものは厄を溜める。と言われています。

③お風呂に入る
お風呂に入ってリラックスすることは、
厄に関係なく心をリセットしてくれます。
が、厄を払いたいなら「塩」を入れての入浴をおすすめします。

④塩を持ち歩く
外出先で厄を受けたくないときにおすすめです。
半紙などの白い紙に塩を少量入れて包みます。
男性はシャツのポケット、女性は下着の中など、
極力肌に近い場所へ身に着けた方が効果抜群です。

日常で簡単に厄を落とす方法をご紹介しました。

1つでも実践すると効果抜群です。
また、日々実践するとより効果があがりますので、ぜひ参考にしてみてください。

厄落とし・厄払い・厄除けの違いとは??

厄払いと厄落とし、厄除けは、混同されがちですが、微妙に違います。

厄払いは神社でのご祈祷が一般的です。
そもそも、厄払いで払ってもらうのは、自分についてしまっている厄を指します。

厄落としは、厄年に行う行事です。
一般に「大厄」とされる時だけに行います。
地方独特の行事もありますが、神社やお寺でのご祈祷とセットです。
お世話になった方を食事に招待したり、
不要になったものを処分したりすると良いとされます。

厄除けは、寺院などで行う災いが来ないように予防するためのご祈祷です。
とはいえ、日本では災厄から逃れるための方法がご祈祷だけではありません。

本人が行う他、周囲からプレゼントを贈るのも災厄を遠ざける手段に使われていました。
厄除けへのプレゼントとして、男性にはウロコがキーワードでした。
そこで、鮫小紋と呼ばれる着物や帯が定番でしたが、
現在では爬虫類系の財布やベルトを贈ります。
また女性の場合、実家から帯を贈る習慣もありました。
今では、冠婚葬祭に欠かせない真珠のネックレスが人気です。

実は、どちらも蛇からきています。
蛇は、怖いものですが、味方にすると厄除けになるという発想です。
和柄では三角形を組み合わせたウロコ柄が
蛇を意味することからプレゼントに利用されました。
女性の長いものも蛇が起源です。

まとめると、厄払いと厄落とし、厄除けは、
災いと自分との関係、対処の仕方が違いだということになります。

まとめ

今回の記事では厄払いの時期が過ぎてしまったとき
どうしたらいいのかをお伝えしてきました。
厄払いは意外と柔軟に対応してくれるようなので、
厄払いをお願いしたいところに相談するのが一番早そうです。
ぜひ参考にしていただきたいです。

 

厄払いの時期を過ぎたら、、、という話でしたが、
実際には厄払いはいつまでにするのがいいのでしょうか?
次の記事にまとめてみましたのでご確認ください。
 ⇒2022年の厄払いはこの日までに行こう!!

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました