> 夜桜のきれいな写真の撮り方。時期や特徴を把握してベストショットをゲット!! - 最新トレンドニュース速報

夜桜のきれいな写真の撮り方。時期や特徴を把握してベストショットをゲット!!

スポンサードリンク
 




 

昼間に見る桜もきれいですが
ライトアップされた夜桜もまたちがった趣で目を楽しませます。
この夜桜ですが、できれば一生の記念に写真に残しておきたいですよね。

今回の記事では夜桜のきれいな写真の撮り方についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




夜桜のきれいな写真の撮り方

夜桜が楽しめる場所は、
基本的にライトアップしているところが多く、
現代の画像処理技術が進歩したカメラであれば手持ち撮影可能ですが、
ISOが上がるのでどうしてもノイズが目立ってしまいます。

ノイズが少ない綺麗な写真を撮る場合は、
やはりミラーレスか一眼レフカメラと三脚は必要になります。

設定は絞りf6.3~8程度、
ISOは100~200ですが条件が悪ければ800までは許容してもいいと思います。

また、夜間での撮影は露出ミスが多くなりますので、
露出補正しながら数枚づつ撮ることをお勧めします。

あとデータ形式はRAWを推奨します。
後でLightroomなどの現像ソフトを使えば表現の幅が広がりホワイトバランスも
調整できるので撮影時の設定の簡略化に繋がります。

ここまで三脚前提で書いてしまいましたが、
場所によっては三脚禁止の場所もあります。

また混雑で三脚を広げるスペースがない場合もありますので、
この点については十分な注意が必要です。

あくまでも邪魔にならない所から撮るのが絶対です。

ソメイヨシノの木の特徴

まず桜には300種ほど種類があります。
その中で日本で最も多く分布するのが、ソメイヨシノという名の桜です。

ソメイヨシノは江戸時代末期に2つの品種から交雑して作られました。
母親はエドヒガン、父親はオオシマザクラです。

原木から挿し木や接ぎ木をして全国に広がったため
ソメイヨシノはDNAがみんな同じになります。

そのため気温や季節の変化を同じように感じるため、
桜前線を形成することができます。

また発祥地は東京都豊島区駒込だと言われています。

江戸時代末期に染井村の植木屋が当初、
吉野桜として売っていました。

しかし、奈良吉野山の山桜も吉野桜と呼ばれていたため、
混同を避けるために後にソメイヨシノという名前つけ売り出しました。

ソメイヨシノの「ソメイ=染井」は、
駒込の地名(大字)に由来するもので、
今も染井通りなど昔からの名称で呼ばれるところが残っています。

開花時期は、3月下旬~4月中旬です。

開花条件には諸説ありますが、
2月以降で気温15度以上の日が、合計23~25日ほどになると、
開花し始めるといわれています。

桜の木はとてもデリケートで、
折れたり剪定したりすると、
そこから腐敗菌が入り弱ってしまい花付きが悪くなります。

また、小さな傷でも成長して大きくなると傷も大きくなると言われています。
桜守と呼ばれる桜を守り育てる役回りの方もおられますので、
毎年美しい桜を見るために、私たちも大切に見守り扱いたいものです。

ソメイヨシノの実 さくらんぼの食べ方

ソメイヨシノもさくらんぼも、
同じバラ科モモ亜科サクラ属サクラ亜属に属しています。
どちらも実がなります。

そこで、ソメイヨシノの実は食べることができるのでしょうか。
答えを先言うと、ソメイヨシノの実は食べることが可能です。

しかしながら、観賞用の品種であるため、
さくらんぼのほうな肉厚な身でもなければ、甘みがあるわけでもありません。

そもそも、ソメイヨシノは、江戸時代にオオシマザクラとエドヒガンを交配し作られたものですので、
自家受粉ができないため、実が出来にくい状態にあります。

できた実は小さく、果肉も少なく、味としては酸っぱいだけとなります。
毒はありませんので、食べること自体は可能ですが、
そのまま食べるのはオススメできません。

もしどうしても食べたいなら、ジャムにするのをオススメします。

ソメイヨシノの実をたくさん集めて、
クエン酸とお砂糖を使って甘く煮込んでジャムにしてしまえば、
酸味に甘さが加わって、それなりに食することができるでしょう。

ソメイヨシノのしだれ桜がもつ花言葉

春といえば、桜ですね。しだれ桜にソメイヨシノ、彼岸桜に八重桜…
日本人は桜に特別な思いを抱いています。

散り際のはかなさなに、趣を感じるというのは、
日本人独特の感情かもしれません。

愛されている桜だからこそ、
さまざまな種類を街中で目にすることができます。

さて、これだけ愛されている桜ですが、花言葉をご存じでしょうか。

桜の花言葉は『精神美・優美・純潔』などがあげられます。

桜の種類によっても異なり、
たとえばしだれ桜は『円熟した美人』、
ソメイヨシノは『純潔・高貴』です。

同じ桜でも花言葉が違うというのは、なんだかおもしろいですね。
また桜といえば、お花見です。

お酒を飲みながらおいしいものを食べて
『花より団子』のどんちゃん騒ぎは悲しいかな、久しくできていません。

しかしそんな時だからこそ、花言葉を抱きながら、
まさに円熟した女性や優美さに思いを馳せながら、
しみじみお花を愛でるのも新鮮で楽しいかもしれません。

ソメイヨシノのしだれ桜の花の咲く時期

しだれ桜とはバラ科サクラ属の植物の一種で、
枝がやわらかく、柳のように垂れる桜の総称です。
別名糸桜、大糸桜ともいいます。

枝が垂れさがるのは突然変異したからだと言われています。
花の色は品種によって異なり、ピンク、赤、白の花が咲きます。

見ごろは地域差によって異なりますが、
例年3月下旬から4月にかけて開花します。

ソメイヨシノは母をエドヒガン、
父を日本固有種大島桜の雑種を自然交配、
または人為的に交配させて生まれた日本産の栽培品種の桜です。

日本の街中や公園に植えられているソメイヨシノのほとんどは
DNAが同じで、クローンだということが分かりました。

ソメイヨシノは種から増やすことができません。
そのため、挿し木、もしくは接ぎ木で育てることになります。

2、3センチほどの楕円形の花で、花弁5枚の一重咲きです。
一総に3、4輪つきます。

花の色は咲き始めてから徐々に桃色から白っぽく変化します。

ソメイヨシノの開花時期は例年3月下旬から4月中旬です。
2月以降、気候15度以上の日が合計23日から25日ほどになると
開花し始めると言われています。

まとめ

今回の記事では夜桜の写真の撮り方についてお伝えしてきました。
春の短い期間だけ見ることのできる幻想的な風景を写真に残したいですよね。
そんな時にこの記事を参考にしてもらえたらうれしいです。

 

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました